ヘパソフトとsaiki(さいき)を使うならどっちがいいのだろうか?

ヘパソフトはロートが販売しているもので、さいきは小林製薬が製作販売しているものですね。
いろいろと調べていたのですが、これらってたまに比較をされているのです。
私自身ちょっと気になったのでまとめてみたいと思います♪

 

さいき ヘパソフト

 

さいきとヘパソフト、どっちがいいのか!?

ソバオ

どちらも有名な会社の一つだね。
僕的には比べる必要ないのではと感じちゃうね♪

ハダオ

会社が違うからこそ比較をするんだぞ?
どちらも違った良さがあるからいろいろまとめてみるね。
因みにヘパソフトはたまに使っているから出来るだけ偏らないようにしないと…

 

 豆乳イソフラボンで肌荒れ問題が発生した!?

 

ヘパソフトは?

 

さいき ヘパソフト2

 

ヘパソフトは顔が乾燥してしまう時によく重宝されているものになります。

ヘパリンという成分を筆頭に含んでいるのでヘパソフトという名称なのでしょう。

それでヘパリンには肌を保水してくれる効果に期待できるのです。

ですので簡単に言えば潤いを与えてくれる素晴らしい成分ということです♪

 

また皮膚の炎症を抑えてくれる抗炎症効果にも期待することができます。

グリチルリチン酸などがこういう効果をもたらしてくれるのです。聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

炎症系を抑えてくれるスキンケア商品には大抵含まれているのですねー

 

因みにアルコールフリーとされているのでお肌には優しいかなって思っています。

 

 用べラリスでお肌の問題を解決してくれる可能性!

 

saiki(さいき)はどう?

 

さいき2 ヘパソフト

 

さいきもヘパソフトと同様にヘパリンを含んでいるのですね。

ですので保湿や保水効果にも期待することができます。

他にもヒアルロン酸やコラーゲンなども含まれているので、保湿に特化したスキンケアアイテムとなりそうです。

 

炎症を抑えてくれる作用もあるのですが、ヘパソフトと比べると、そういう成分が少ないのです。

ですのでこういう面で見ると、ヘパソフトに軍配が上がりそうです…

ですが保湿成分の種類が多いので、肌のカサカサ具合によってはさいきの方がいいかもしれませんねー

 

結局どっちがいいのか?

 

私の考えになってしまうのですが、ニキビなどのようなお肌に炎症が起きている場合なら、ヘパソフトがいいのではと思っています。

逆にお肌がカサカサし過ぎて困っているならさいきがいいのではと考えています。

 

どちらも似たようなスキンケアアイテムになっているのですが、細かく見ればそれぞれ違う成分で特化している部分も違うので臨機応変に使っていくことがベストでしょう。

どちらも2000円もしないので、お手ごろ価格となっています。

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す